診療時間

 

平 日 

午前 9:00~11:30

午後 3:30~  7:30

 

土曜及び祝日

午前 9:00~11:30

    

 20台駐車出来ます

      〒355-0815

  埼玉県比企郡

  滑川町月の輪

   3-7-9

  ながやち接骨院

 ℡ 0493-63-2088      

新年あけましておめでとうございます。

 

皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられましたこととお慶び申し上げます。旧年中は、多くのご指導、ご支援を頂き、誠に有難うございました。

 

本年も「患者さんの笑顔のために!」をモットーに

スタッフ一同精進してまいりますので昨年同様、よろしくお願い致します。

 

      長谷地 貢

患者様の声が更新されております。

是非是非ご覧ください。

また、患者様の声を投稿して頂いた皆様、感謝申し上げます。

本当にありがとうございます。

 

滑川町月の輪 


ながやち接骨院です

 

 (旧からこ接骨院)

 


初めての方にも安心して治療を受けていただけますように

料金や受付時間・休日、院内の様子等をまとめてあります

 

なお、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい

スタッフがわかりやすくご説明いたします

 

 

0493-63-2088 ながやち接骨院


What's New ・・・ お知らせです ・・

 

往診致します。受付へお問い合わせ下さい。

 

 

   年始のお知らせ

 

  1月1日~1月3日まで休診になります。

 

  14日は祝日の為、午前中診療になります。

  

都合により、診療時間変更や臨時休診等の場合もありますので

ご了承下さい。

その都度ホームページに掲載致しておりますのでご確認願います。

 

<好評の豆知識です。お楽しみくださいね!>

                                             1901
基礎データー愛媛県

 愛媛県とは、四国の北西部に位置し、北は瀬戸内海、南西は宇和海にのぞむ県です。
 気候は温暖で、国内1位の産量をほこる柑橘(かんきつ)類の栽培や、ブリや真珠の養殖で知られる農林水産県のイメージが強いですが、しかし、瀬戸内海沿岸には製紙、化学などの工場群が立地し、工業製品の出荷額が四国1位と工業化がすすんでいます。

基礎データー愛媛県の基礎データー
(シンボル、位置図、県庁、面積、人口)

愛媛県の県章 愛媛県の位置地図

      愛媛県のシンボル              愛媛県の位置図

県庁 松山市。
面積 5677km2。
人口 149万3057人。

シンボル(県花、県木、県鳥など)愛媛県のシンボル
(県木、県花、県鳥、県の魚、県の獣)

県木
マツ(松)
 松とは、マツ科マツ属の総称で、日本における代表的な木のひとつとして、また、長寿を象徴する木として、古くからしたしまれてきました。
 語源には諸説あって定説はありませんが、一説にマツは「待つ」で、雪や霜を待って、なおその色がかわらずに常緑をたもっているからといわれています。
 瀬戸内海の松は白砂青松の景観を呈しており、広く県民に親しまれています。
(昭和41年9月9日制定)

マツ(松)の写真
愛媛県の県木 マツ(松)

県花
ミカンの花
 ミカンとは、温暖な地方で果樹として栽培されるミカン科ミカン属の常緑樹とその果実のことで、一般には、日本の代表的ミカンであるウンシュウミカンをさします。
 しかし、ひろい意味で、ナツミカン、オレンジ、ハッサク、グレープフルーツなどもふくめたミカン属全体をいう場合もあります。
 柑橘類というときには、ミカン属のほかにカラタチ属、キンカン属までふくまれます。
 ウンシュウミカンは高さ3~4mになる常緑低木で、5~6月に枝の先や葉の付け根に直径3~4cmの白花をつけます。
 果実はふつう10~11月に熟し、直径5~8cm、重さ100gくらいになり、果実の皮は緑色またはオレンジ色で、やわらかいので指で簡単にむくことができます。
 さまざまな枝変わり品種が生まれ、熟期が9~12月までの長期間にわたるものもあります。
 ウンシュウミカンの栽培には、年平均気温が15~18°C、冬の最低気温が-3°C以下にならないところが適しています。
 房総半島から鹿児島県のおもに太平洋側の地域で、ひろく栽培されています。
 熟したウンシュウミカンの果皮を陰干しにしたものを陳皮(ちんぴ)とよび、漢方では利尿、せき止め、健胃剤に加工されます。
 民間でも風邪の初期に煎(せん)じて服用するとよいとされています。
 配糖体のヘスペリジンやビタミン類をふくんでおり、未熟な果実を乾燥させたものには強い苦味があり、煎じて胃のもたれ、腹痛などにもちいられます。

写真はグレープフルーツの花
愛媛県の県花 ミカンの花

県鳥
コマドリ(駒鳥)
 スズメ目ツグミ科の鳥。
 全国の山地に夏鳥としてわたってきて、日本だけで繁殖する。
 全長は約14cmほどの小型のツグミ。
 羽色は赤褐色だが、メスは全体的に色がうすい。
 石鎚山系に多くすんでいます。
(昭和45年5月10日制定)

コマドリ(駒鳥)の写真
愛媛県の県鳥 コマドリ

 

県の魚
タイ(鯛)
 タイとは、海水魚のタイ科魚類の総称で、またはその内の代表種であるマダイをさします。
 タイ類、とくにマダイなどは姿形がよいばかりか美味であるため、日本では祝い事には欠かせない魚として珍重されてきました。
 このため姿や色、形が似ている魚にはタイと名がつけられたものが多くあります。 
 県下全域で漁獲され、全国屈指の生産を誇っています。 
(平成5年6月15日制定)

タイ(鯛)の写真
愛媛県の県の魚 タイ(鯛)

県の獣
ニホンカワウソ(日本川獺)
 日本川獺は、四国西南部を主な生息地とするイタチやテンによく似た夜行性動物で、国指定の特別天然記念物です。
 陸上の土穴で繁殖し、泳ぎが巧みで、河川や湖、海岸など、おもに水辺で生活し、水中の魚を捕食します。
 母と2~3頭の子からなる家族グループで行動し、1日に数キロメートルを移動します。
 川岸の岩の上に黒いタール状の、特徴的な生ぐさいにおいのある糞(ふん)をしますが、これは自分の存在をしめすサインポストの役割をすると思われています。
(昭和39年5月10日制定)

ニホンカワウソ(日本川獺)の写真
愛媛県の県の獣 ニホンカワウソ(日本川獺)

観光地愛媛県の観光
(観光名所、特産品、動物園とテーマパーク)

観光名所
内子町八日市地区
 国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている内子町八日市地区には、古い製蝋(ろう)町の町並みがのこります。
 幕末から明治にかけて木蝋製造でさかえ、現在でも漆喰塗りの商家造りなどをみることができます。

内子町八日市地区
内子町八日市地区

滑川町月の輪 ながやち接骨院  電話 0493-63-2088