診療時間

 

平 日 

午前 9:00~11:30

午後 3:30~  7:30

 

土曜及び祝日

午前 9:00~11:30

    

 20台駐車出来ます

      〒355-0815

  埼玉県比企郡

  滑川町月の輪

   3-7-9

  ながやち接骨院

 ℡ 0493-63-2088      

 

滑川町月の輪 


ながやち接骨院です

 

 (旧からこ接骨院)

 


初めての方にも安心して治療を受けていただけますように

料金や受付時間・休日、院内の様子等をまとめてあります

 

なお、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい

スタッフがわかりやすくご説明いたします

 

 

0493-63-2088 ながやち接骨院


What's New ・・・ お知らせです ・・

 

往診致します。受付へお問い合わせ下さい。

 

 11月は3日と23日が祝日の為午前中診療です。

    12月は23日が祝日の為午前中診療です。

 

 

 年末年始のお知らせ

 

  12月30日は午前中診療

  12月31日~1月3日まで休診になります。

  

都合により、診療時間変更や臨時休診等の場合もありますので

ご了承下さい。

その都度ホームページに掲載致しておりますのでご確認願います。

 

<好評の豆知識です。お楽しみくださいね!>

                                              1711
基礎データー愛知県

 愛知県は中部地方の南西部、伊勢湾の東岸にある県で、北西部には濃尾平野が広がり、南部は知多・渥美(あつみ)両半島が三河湾をいだきます。
 名古屋市を中心に自動車製造、機械、電機、鉄鋼などの工業が発達、日本一の製造品出荷額をほこります。
 温暖な気候にめぐまれ農業生産も活発で、とくに養鶏や蔬菜(そさい)、花卉(かき)、植木栽培などの先進地として有名。

基礎データー愛知県の基礎データー
(県章、位置図、県章の由来、県庁、面積、人口)

愛知県の県章 愛知県の位置地図

      愛知県のシンボル              愛知県の位置図

シンボルの由来
 太平洋に面した県の海外発展性を印象付け、希望に満ちた旭日波頭(きょくじつはとう)を表し「あいち」の文字を図案化したものです。
(昭和25年指定)

県庁 名古屋市。
面積 5158km2。
人口 725万9305人。

シンボル(県花、県木、県鳥など)愛知県のシンボル
(県木、県花、県鳥、県の魚)

県木
ハナノキ(花の木)
 花の木とは、本県を中心とした中部地方にのみ自生するカエデ科の落葉高木です。
 4 月頃、葉が出る前に真紅色の花が咲き、特に雄花は美しいので花の木という名前がつきました。
 北設楽郡豊根村の茶臼山山麓にある「川宇連のハナノキ自生地」は、国の天然記念物に指定されています。
(昭和41年指定)

ハナノキ(花の木)の写真
愛知県の県木 ハナノキ(花の木)

県花
カキツバタ(杜若)
 カキツバタは、被子植物単子葉類、アヤメ科の多年草です。
 日本各地の池沼や水辺の湿地や水中に生え、また観賞用に栽培もされます。
 花茎の高さ50~70cmになり、地下茎があり、葉は剣状で幅広く、中脈がありません。
 5~6月ごろ、花茎の先に直径12cmくらいのうつくしい濃紫色の花を咲かせます。
 同属のアヤメとは外花被片の基部中央の黄色い部分に紫色の横線がないことで区別することができます。
 在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)が現在の知立市八橋を訪ねたとき、その辺りの花の美しさに旅情を慰め、カキツバタの5字を詠み込んで歌った(伊勢物語)と伝えられています。

  から衣
  きつつなれにし
  つましあれば
  はるばるきぬる
  たびをしぞ思ふ

(昭和29年指定)

カキツバタ(杜若)の写真
愛知県の県花 カキツバタ(杜若)

県鳥
コノハズク
  コノハズクは、全長20cm前後と日本のフクロウの中では最小のフクロウです。
 本州では山地の林に生息しますが、北海道と沖縄では平地にすみます。
 鳴き声は「仏法僧(ブッポウソウ)」と聞こえるとして有名ですが、沖縄にすむ亜種のコノハズクは「コホッ、コホッ」となきます。
 南設楽郡鳳来町は、その鳴き声の名所として有名です。
(昭和40年指定)

コノハズクの写真
愛知県の県鳥 コノハズク

県の魚
クルマエビ(車海老)
 クルマエビ科のエビで、テンプラや寿司の材料として珍重されます。
 体色は青灰色、淡褐色などの地色に、濃色の幅ひろい縞(しま)模様があります。
 腹部の横縞が、体をまるめたときにちょうど車輪のようにみえることから、この名がつきました。
 体長はふつう20cm以下ですが、中には25cmに達するものもいます。
 遊泳型で夜行性、昼間は砂泥中にもぐっています。
 日本では、北海道南部以南に生息し、オーストラリア北部、インド洋までひろく分布します。
 寿命は1年ほどです。
 養殖事業も盛んで、愛知県では、稚エビ放流を積極的に推進しており、漁獲量は全国的に上位となっています。
(平成2年指定)

クルマエビ(車海老)の写真
愛知県の県の魚 クルマエビ(車海老)

観光地愛知県の観光
(観光名所、特産品、動物園と水族館とテーマパーク)

観光名所
名古屋城
 名古屋城は、尾張徳川家の祖となった徳川家康の9男義直が、清洲城にかわって1610~14年にかけてたてた城です。
 天守閣の鯱鉾(しゃちほこ)が青銅の鋳物に金板をはっていることから、金鯱城ともいいます。
 天守、本丸御殿などは第2次世界大戦の空襲で焼失したため、1959年(昭和34に)鉄筋コンクリートで再建しました。
 城址は名城公園となっています。

名古屋城 
名古屋城

滑川町月の輪 ながやち接骨院  電話 0493-63-2088