交通事故に遭われた時はすぐにご一報下さい

診療時間

 

平 日 

午前 9:00~11:30

午後 3:30~  7:30

 

土曜及び祝日

午前 9:00~11:30

    

 20台駐車出来ます

      〒355-0815

  埼玉県比企郡

  滑川町月の輪

   3-7-9

  ながやち接骨院

 ℡ 0493-63-2088      

交通事故治療はお任せください。

 

当ながやち整骨院は、一般的な骨折・脱臼等はもちろん骨盤矯正や肩こり・腰痛など、幅広い症状に対して施術を行っておりますが、

その中でも、特に交通事故によるむち打ち等による各症状の施術に特化した接骨院です。


当院は、交通事故施術のプロがおり、他院や整形外科で改善されなかった首や背中の痛みなど、あらゆる症状を改善に導いており数多くの方々より信頼されております。

 

交通事故に遭われた時は、まずご一報下さい。

 

滑川町月の輪 


ながやち接骨院です

 

 (旧からこ接骨院)

 


初めての方にも安心して治療を受けていただけますように

料金や受付時間・休日、院内の様子等をまとめてあります

 

なお、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい

スタッフがわかりやすくご説明いたします

 

 

0493-63-2088 ながやち接骨院


What's New ・・・ お知らせです ・・

 

往診致します。受付へお問い合わせ下さい。

 

 

3月は21日が祝日のため午前中診療になります。

 

 

ゴールデンウイークのお知らせ

 

  4月29日と5月3日は午前中診療になります。

 5月4日・5日・6日は休診です。

 

尚、4月30日・5月1日と2日は祝日ですが、休まず診療致します。

 

急な変更がある場合もありますので、ご心配な方はお電話でご確認下さい。)

  

都合により、診療時間変更や臨時休診等の場合もありますので

ご了承下さい。

その都度ホームページに掲載致しておりますのでご確認願います。

 

<好評の豆知識です。お楽しみくださいね!>

                                             1903
基礎データー高知県

 高知県は、四国地方の南部に位置し太平洋にのぞむ県で、温暖多雨な気候を生かした農業が盛んで、南国の風光と史跡、旧跡にもめぐまれて観光客でにぎわいます。
 漁業が盛んで、カツオの一本釣りが特に有名です。

基礎データー高知県の基礎データー
(県章、位置図、県章の由来、県庁、面積、人口)

高知県の県章 高知県の位置地図

      高知県のシンボル              高知県の位置図

シンボルの由来
 土佐の「とさ」を印象化したもので、なかに高知の「コ」の字を構成し、たてのけん先は向上を、円は平和と協力をあらわしています。
(昭和28年4月15日制定)

県庁 高知市。
面積 7105km2。
人口 80万4810人。

シンボル(県花、県木、県鳥など)高知県のシンボル
(県木、県花、県鳥、県の魚)

県木
ヤナセスギ
 スギは、日本特産の常緑針葉高木で、木の高さは30~40m、大きいものでは60mに達するものもあります。
 樹皮は赤褐色で、縦に長い裂け目が入り、葉は小さい鎌状の針形で、らせん状につき、濃い緑色をしていますが、冬には赤褐色にかわります。
 葉にさわると、チクチクと痛いです。
 花期は3~4月。
 雄花は淡黄色で多数が穂状にあつまり、雌花は緑色の球形をしていて1個が下向きにつきます。
 果実は長さ2~3cmの卵状球形で、10月ごろ緑色から褐色に成熟します。
 県木であるヤナセスギは、安芸郡馬路村魚梁瀬(ヤナセ)を中心に自生するスギで、樹高50メートルに達する大木が群れをなし、壮観な美林を形成しています。
(昭和41年9月12日制定)

写真は秋田スギ
高知県の県木 スギ(杉)

県花
ヤマモモ(山桃)
 ヤマモモは、暖地の沿海地に生え、果実を食用にする常緑高木です。
 太平洋側では房総半島以西、日本海側では福井県以西の西南日本の山地に生え、朝鮮半島南部、台湾、中国東南部、フィリピンに分布します。
 高さ15~25mで、3~4月に開花します。
 果実は直径1~2cmの球形で、多汁質の突起がたくさんあり、6~7月に赤く熟します。
 果実は甘味、酸味ともにすぐれ、松ヤニのような特有の香りがし、生食のほか、ジャムや果実酒にします。
 また、ヤマモモの樹皮にはタンニンがふくまれており、黄色染料につかわれます。 
 温暖な海岸近くの山地に自生する常緑高木であるため、特に高知県は自生に適しています。 
 県花には県民投票の後、選定委員会(牧野富太郎委員長)で決定されました。
(昭和29年3月22日制定)

ヤマモモ(山桃)の写真
高知県の県花 ヤマモモ(山桃)

県鳥
ヤイロチョウ(八色鳥)
 ヤイロチョウは、31種からなるヤイロチョウ科の中型の鳥の総称で、また、そのうちの1種をあらわします。
 全長14.5~29cmで、ずんぐりした体形に大きな頭と短い尾羽、まるい翼で、頑丈な嘴(くちばし)と足をもった鳥です。
 アフリカから東南アジアをへてオーストラリアまで分布し、暗い常緑性の熱帯雨林にすんでいます。
 東南アジアにもっとも種が多く、種の分化の中心とされています。 
 日本では夏鳥で、5月上旬から6月上旬にかけて出現し、巨木がのこり、昼でもうす暗いような常緑広葉樹林などで繁殖します。
 名のとおり羽毛の色彩が8色で、日本に渡来する鳥の中では一番美しいと言われています。
 5月から秋頃まで、県西部の人里離れた広葉樹林の深山に生息しています。
(昭和39年5月10日制定)

ヤイロチョウ(八色鳥)の写真
高知県の県鳥 ヤイロチョウ(八色鳥)

県の魚
カツオ(鰹)
 カツオは、マグロやサバと近縁で、世界じゅうの温帯から熱帯の海に生息する魚です。
 太平洋沿岸・オーストラリア近海でひろく漁獲され、食用となります。
 全長は大きなもので1m、体重20kgに達しますが、ふつう漁獲されるものは30~60cmです。
 胴体は流線形をなし、腹部が銀白色、背部が黒青色で、後部には青紫色の斑紋があります。
 鮮度がおちるとこの斑紋はきえてゆき、海水中ではあまりめだたない腹部の縦縞(たてじま)が、死後すぐにはっきりあらわれます。
「カツオの一本釣り」といえば高知で、さしみやタタキで日常の食卓にあがり、また、かつお節や酒盗(内臓の塩辛)にも加工されます。
 漢字では、鰹以外にも、松魚と書き、めでたい魚の代表格です。
(昭和63年6月21日制定)

カツオ(鰹)の写真
高知県の県の魚 カツオ(鰹)

観光地高知県の観光
(観光名所、特産品、動物園と水族館とテーマパーク)

観光名所
足摺岬 (あしずりみさき)
 付近には修験道の霊場の白星山があり、古くは生きながら観音の浄土をめざして海にこぎだす補陀落渡海(ふだらくとかい)がおこなわれた岬です。

足摺岬 (あしずりみさき)
足摺岬 (あしずりみさき)

滑川町月の輪 ながやち接骨院  電話 0493-63-2088