診療時間

 

平 日 

午前 9:00~11:30

午後 3:30~  7:30

 

土曜及び祝日

午前 9:00~11:30

    

 20台駐車出来ます

      〒355-0815

  埼玉県比企郡

  滑川町月の輪

   3-7-9

  ながやち接骨院

 ℡ 0493-63-2088      

 

滑川町月の輪 


ながやち接骨院です

 

 (旧からこ接骨院)

 


初めての方にも安心して治療を受けていただけますように

料金や受付時間・休日、院内の様子等をまとめてあります

 

なお、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい

スタッフがわかりやすくご説明いたします

 

 

0493-63-2088 ながやち接骨院


What's New ・・・ お知らせです ・・

 

往診致します。受付へお問い合わせ下さい。

 

 3月20日は祝日の為午前中診療になります。

 4月29日は祝日の為午前中診療になります。

 

 5月のゴールデンウイークは

 3日・4日が午前中診療

 5日・6日・7日が休診日になります。

 

都合により、診療時間変更や臨時休診等の場合もありますので

ご了承下さい。

その都度ホームページに掲載致しておりますのでご確認願います。

 

<好評の豆知識です。お楽しみくださいね!>

                                             1703
基礎データー新潟県

 新潟県は中部地方の北部に位置し、日本海に面する県で、全国5位の面積をもち、北東から南西に細長くのびています。
 沖合に佐渡島と粟島がうかび、広大な越後平野は日本一の穀倉地帯となっており米作りの本場で、韓国、中国、ロシアなど対岸諸国との交流が盛んです。

基礎データー新潟県の基礎データー
(県章、位置図、県章の由来、県庁、面積、人口)

新潟県の県章 新潟県の位置地図

      新潟県のシンボル              新潟県の位置図

シンボルの由来
 「新」を中心に「ガタ」を円形に模様化しました。
 融和と希望を象徴し、県勢の円滑な発展を託したものです。
(昭和38年8月23日制定)

都庁 新潟市。
面積 1万2582km2。
人口 243万1396人。(2005年10月1日現在)

シンボル(県花、県木、県鳥など)新潟県のシンボル
(県木、県花、県鳥)

県木
ユキツバキ(雪椿)
 岩手、秋田県以南、滋賀県北部までの日本海側の多雪山地に自生し、高さ1~2m。
 枝は下部から枝分かれし、地をはうようにのびます。
 花期は4~5月。
 ふつう一重5弁の赤色。
 ツバキの花は平開せずに咲きますが、ユキツバキは平開します。
 ユキツバキを母種とする園芸品種は新潟、富山、石川各県に多く、新潟県で最初に発見されたユキツバキは、雪の中で緑をみせる生命力を持ち、県民性を象徴しています。
(昭和41年8月27日制定)

雪椿(ユキツバキ)の写真
新潟県の県木 雪椿(ユキツバキ)

県花
チューリップ
 チューリップはユリ科の春咲きの代表的な球根植物で、中央アジアおよび中東地域が原産で、数千品種が庭園の花として広く栽培されています。
 花茎はまっすぐにのび、葉脈の平行した幅広の長い葉をもち、茎の先端にカップ形の花を1個だけつけます。
 花は単色ですが、色はさまざま。
 変わり花チューリップとよばれるものは、アブラムシによって感染するウイルス性の病気のために色がまだらになっています。
 新潟県はチューリップ球根の生産発祥の地と言われており、今では県内で広く栽培され、諸外国にも輸出しています。
 切り花の生産量は日本一を誇ります。
(昭和38年8月23日制定)

チューリップの写真
新潟県の県花 チューリップ

県鳥
トキ(朱鷺)
 トキ科のうち、ヘラサギ類をのぞく、首が長い約30種の渉禽類の総称もしくは種としてのトキをさします。
 大きく下方に湾曲した長い嘴(くちばし)が特徴で、嘴の上に付け根から先にむけて溝があり、首と足は長く、尾羽は短いです。
 大きな群れをつくり、魚やカエル、小型の爬虫類を食べます。
 近縁のサギ類とはちがい、首をおりたたまずに、頭をまっすぐ前方にのばして飛びます。
 日本産のトキは、メスの「キン」を最後に、平成15年10月に絶滅してしまいましたが、中国から贈られた「友友(ヨウヨウ)」と「洋洋(ヤンヤン)」のペアからの人工増殖は順調に進んでいます。
(昭和40年9月13日指定)

写真はショウジョウトキ
新潟県の県鳥 トキ(朱鷺)

観光地新潟県の観光
(観光名所、特産品、水族館とテーマパーク)

観光名所
苗場スキー場(Naeba Ski Area)
 県南部、信濃川の支流の清津川上流部の西方にそびえる苗場山(2145m)は、上信越高原国立公園の一部を占め、南東の筍山東斜面には苗場国際スキー場があります。
 かつては高くてけわしい県境の山脈と深い雪が交通の妨げとなり、県外からおとずれる人は少なく、佐渡も遠い存在でした。
 しかし第2次世界大戦後のレジャーブームで、この雪(スキー)と佐渡が県の観光の目玉となり、近年は高速交通網の発達で旅行者がふえています。

苗場スキー場(Naeba Ski Area) 
苗場スキー場(Naeba Ski Area)

滑川町月の輪 ながやち接骨院  電話 0493-63-2088